理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2019年2月24日(日)2中2 中山11R
第93回中山記念(GII)
4歳以上 芝1800m 別定
【主力伯仲・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
ウインブライト 牡5 57 松岡正海 差し 昨年覇者
エポカドーロ 牡4 57 戸崎圭太 先行 本領発揮
シベリアンスパーブ 牡10 56 (未定) 追込 力量見劣
× ステルヴィオ 牡4 57 丸山元気 差し 主力一角
スワーヴリチャード 牡5 58 Mデムーロ 捲り 格最右翼
ディアドラ 牝5 54 ルメール 追込 牡馬蹴散
トルークマクト 牡9 56 (未定) 追込 まず無理
トータルソッカー 牡5 56 柴田善臣 先行 残り目注
ハッピーグリン 牡4 55 ミナリク 捲り 侮れない
フィールドシャルム 牡6 56 (未定) 自在 中芝0007
マイネルサージュ 牡7 56 津村明秀 差し 鞍上穴男
× × ラッキーライラック 牝4 53 石橋 脩 差し 軽量魅力

格最右翼はスワーヴリチャード。相変わらず発馬に不安を残すが出遅れながら捲り炸裂の大阪杯が圧巻の一語。距離千八も共同通信杯圧勝がある。「ドバイありきだとは思っていない。少頭数だし自分で競馬を作れる可能性が高い」(庄野師)。勝ち負け確実。千八〜二千6110ディアドラ。3歳夏一気に本格化したハービンジャーの女傑。敗戦2回はともに海外遠征の小差2.3着で国内では6戦全勝。54キロも魅力。スワーヴ同様ドバイを見据えての一戦だがまず上位争い。展開有利はエポカドーロ。渋太い先行力を武器に皐月賞0.3差完勝、ダービー0.1差2着。以後2戦凡走も神戸新聞杯は大出遅れ、菊花賞は距離と敗因ははっきり。中間CW81.5-11.5の好時計を叩き出し絶好のデキ。マイペースの逃げ有望で押し切り十二分。千六〜千八4300・スプリングSでエポカドーロを負かしたステルヴィオを含む4頭の争い。



2019年2月24日(日)1阪2 阪神11R
第63回阪急杯(GIII)
4歳以上 芝1400m 別定
【波乱含み・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アドマイヤゴッド 牡7 56 北村友一 追込 千四0005
× エントシャイデン 牡4 56 坂井瑠星 差し 上昇魅力
コウエイタケル 牡8 56 (未定) 差し ローテ酷
× スターオブペルシャ セ6 56 杉原誠人 差し 差脚堅実
× スマートオーディン 牡6 56 藤岡佑介 追込 徐々良化
ダイアナヘイロー 牝6 55 武  豊 先行 連覇十分
タイムトリップ 牡5 56 浜中 俊 追込 阪芝0003
ダイメイフジ 牡5 56 和田竜二 先行 差はない
トウショウピスト 牡7 56 古川吉洋 差し 大穴なら
ヒルノデイバロー 牡8 56 四位洋文 追込 近況一息
ミスターメロディ 牡4 56 福永祐一 先行 上位確実
ヤングマンパワー 牡7 56 池添謙一 先行 穴の匂い
ラインスピリット 牡8 56 森 一馬 先行 1F長いか
リナーテ 牝5 54 (未定) 追込 連闘警戒
リョーノテソーロ 牡4 56 幸 英明 追込 芝右0014
リライアブルエース 牡6 56 (未定) 追込 一概には
レッツゴードンキ 牝7 54 岩田康誠 追込 常に健闘
ロジクライ 牡6 56 横山典弘 先行 千四起爆
ロードクエスト 牝7 57 川田将雅 追込 末脚炸裂

昨年覇者ダイアナヘイロー。千二で5勝を挙げているが新馬勝ちがマイルだったように、スピード一辺倒の一介の短距離馬ではない。モズアスコット、レッドファルクスの猛追を凌いだ昨年の阪急杯。執拗に食い下がるミスターメロディを最後まで抜かせなかった前走阪神C。ともに7人気、11人気での勝利だったが、力の要る阪神千四がこの馬のベスト舞台と思える。千二でも上がり34秒を切ったことがない馬だけに所謂「肉を斬らせて骨を断つ」逃げが合っている。昨年より相手関係は軽くなり、鞍上は目下リーディングトップ、先週のGIを制し気を良くしている好調武豊。堂々の逃げ切り劇再演が濃厚だ。強敵は横典腕撫ロジクライ。マイル重賞2勝の猛者で千四は初だがテンのスピードはダイアナヘイローを凌ぐ。強気に先手主張なら逆転も。よもや武と横山で無謀な競りはないと思うが、そうなった際の漁夫の利は川田ロードクエスト。