理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 

2018年10月21日(日)4京7 京都11R
第79回菊花賞(GI)
3歳 芝3000m 定量
【上位拮抗・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 アイトーン 牡3 57 国分恭介 先行 同型強力
1 2 グレイル 牡3 57 岩田康誠 追込 前崩台頭
2 3 ブラストワンピース 牡3 57 池添謙一 差し 大願成就
× 2 4 ジェネラーレウーノ 牡3 57 田辺裕信 先行 異彩放つ
3 5 エポカドーロ 牡3 57 戸崎圭太 先行 捲土重来
× 3 6 メイショウテッコン 牡3 57 松山弘平 先行 押切十分
× × 4 7 ユーキャンスマイル 牡3 57 武  豊 差し 複穴候補
4 8 カフジバンガード 牡3 57 幸 英明 先行 通用疑問
5 9 エタリオウ 牡3 57 Mデムーロ 追込 末脚随一
5 10 アフリカンゴールド 牡3 57 松若風馬 差し 勢い脅威
6 11 コズミックフォース 牡3 57 浜中 俊 差し 優駿3着
6 12 フィエールマン 牡3 57 ルメール 追込 伏竜鳳雛
7 13 タイムフライヤー 牡3 57 和田竜二 差し 取捨微妙
7 14 グロンディオーズ 牡3 57 モレイラ 差し 深淵臥龍
7 15 オウケンムーン 牡3 57 北村宏司 追込 近況一息
8 16 ステイフーリッシュ 牡3 57 藤岡佑介 差し 一発秘め
8 17 シャルドネゴールド 牡3 57 藤岡康太 差し 堅実駆け
8 18 グローリーヴェイズ 牡3 57 福永祐一 差し 試練の枠

全芝4001ブラストワンピース。唯一の敗戦がダービー0.2差。直線福永に押し込められ5着もあの熾烈な攻防の中を良く奮闘したといえる。前走新潟記念がその鬱憤を晴らす豪快な勝ちっぷりでひと夏越しての成長がありあり。全芝1502エタリオウ。戦績どおりの善戦マンだがダービー、神戸新聞杯で見せた末脚の切れは間違いなく世代随一。剛腕Mデムーロが惜敗続きに終止符を打つ。全芝3211エポカドーロ。皐月賞を制しダービー2着の実績はメンバー最右翼。神戸新聞杯4着は出遅れがすべて。ラスト一冠に捲土重来を期す。馬券妙味はラジオNIKKEI賞1.2着。勝ち馬メイショウテッコンは神戸新聞杯0.1差。その渋太い粘りは特筆もので一線級相手でも互角に闘えることを証明した。全芝2100フィエールマン。勝ち馬を物差しにすればこの馬も世代トップクラスの能力を秘めている。4角最後方から大外を猛然と伸びた末脚は優にGIレベル。血統・体型から距離延長は望むところ、鞍上ルメールで大駆け十二分。



2018年10月20日(土)4東6 東京11R
第21回富士S(GIII)
3歳以上 芝1600m 別定
【波乱含み・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 ガリバルディ 牡7 56 御神本訓史 差し 東芝0004
1 2 ストーミーシー 牡5 56 大野拓弥 追込 当地0115
2 3 デンコウアンジュ 牝5 54 蛯名正義 追込 叩き良化
× × 2 4 ウインブライト 牡4 58 松岡正海 先行 力量上位
3 5 ゴールドサーベラス 牡6 56 柴山雄一 差し 東芝0014
3 6 エアスピネル 牡5 57 福永祐一 差し 昨年圧勝
4 7 ウインガニオン 牡6 56 酒井 学 先行 見限早計
4 8 ロジクライ 牡5 56 ルメール 先行 勝機到来
5 9 ハクサンルドルフ 牡5 56 戸崎圭太 追込 豪脚披露
5 10 ヤングマンパワー 牡6 56 武藤 雅 差し 1昨年覇者
6 11 ワントゥワン 牝5 54 モレイラ 追込 外国J4211
6 12 クルーガー 牡6 57 石川裕紀人 先行 昨年3着
7 13 ペルシアンナイト 牡4 59 Mデムーロ 差し 敵は斤量
7 14 レッドアヴァンセ 牝5 54 北村友一 先行 台頭十分
7 15 マルターズアポジー 牡6 56 柴田善臣 先行 ハナ譲らぬ
8 16 ハッピーグリン 牡3 54 内田博幸 差し 何処まで
8 17 ヒーズインラブ 牡5 57 藤岡康太 差し 入着一杯
× × 8 18 ジャンダルム 牡3 54 武  豊 差し 千六2000

マイル4321・昨年覇者エアスピネル。三冠4.4.5着の実績もさることながら兎に角マイル戦での安定性が抜群。過去4か月以上の休み明け5.3着&テン乗り福永に一抹の不安も上位争いは確実。昨年のマイルCS覇者ペルシアンナイト。そこでエアスピネルを降し、皐月賞・大阪杯ともに2着の実績はメンバー随一。勝ち負け確実の力量馬で敵は斤量59キロ。割って入ればロジクライ。前走京成杯AH3着はあまりに消極的で今の浜中を象徴する拙い乗り方。好発を抑え込み瞬発力勝負に出たのは正しく角を矯めて牛を殺すが如し。本来の強気の先行策に徹すれば前記2頭にも十分太刀打ちできる実力馬だ。以下マイル2000ジャンダルム、当地1010レッドアヴァンセ、一昨年覇者ヤングマンパワー、昨年3着クルーガー、終い確実ハクサンルドルフ。さらに脅威はモレイラ=ワントゥワンの鬼脚。外国人J騎乗時は4211の好相性。