理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2019年6月30日(日)3名2 中京11R
第55回CBC賞(GIII)
3歳以上 芝1200m ハンデ
【波乱含み・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アウィルアウェイ 牝3 51 浜中 俊 差し 前走糧に
アレスバローズ 牡7 57.5 川田将雅 差し 昨年覇者
キョウワゼノビア 牝6 52 中井裕二 差し 名芝0003
グランドボヌール 牡5 54 城戸義政 先行 名芝3000
コパノディール 牝6 49 松若風馬 差し 軽量だが
× ショウナンアンセム 牡6 56 藤岡康太 自在 前走健闘
セイウンコウセイ 牡6 58 幸 英明 先行 当然主軸
タマモブリリアン 牝6 53 西村淳也 差し 能力見劣
トウショウピスト 牡7 54 酒井 学 差し 速度陰り
× × ビップライブリー 牡6 56 和田竜二 自在 上位窺う
メイショウケイメイ 牝3 50 秋山真一郎 差し 鶏鳴告暁
ラインスピリット 牡8 56 森 一馬 先行 当地0006
ラベンダーヴァレイ 牝6 51 岩田望来 差し 軽量魅力
レッドアンシェル 牡5 56 福永祐一 自在 素質開花

実績随一セイウンコウセイ。ムラ駆けの印象が強いがすんなりハナもしくは気分良く自分のペースで先行できた際は無類の強さを発揮する。前走高松宮記念もトップスタートを決めながら敢えて番手に控え直線おもむろに先頭、ゴール前内からミスターメロディに出し抜けを食らうも2着は死守。一旦前に出られたショウナンアンセムを差し返した勝負根性は特筆。トップハンデ58は骨だが予報通りの重馬場なら首位最有力。新星台頭ならレッドアンシェル。準OPとはいえ初の千二の前走が呆れ返る強さ。以前の折り合い難が嘘のような勝ちっぷりで上がり瞠目32.8、勝ち時計1.07.3は優に重賞レベル。もとより新馬特別連勝、アーリントンC2着、NHKマイルC4着の好素質馬。その隠された素質が距離短縮で花開いたとあれば黙って買う一手。以下昨年覇者アレスバローズ、前走健闘ショウナンアンセム、前走糧にアウィルアウェイ。



2019年6月30日(日)2福2 福島11R
第68回ラジオNIKKEI賞(GIII)
3歳 芝1800m ハンデ
【好配確実・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アドマイヤスコール 牡3 54 横山典弘 差し 条件好転
インテンスライト 牡3 54 菊沢一樹 自在 大穴なら
ウインゼノビア 牝3 53 松岡正海 自在 積極策で
ギルマ 牡3 53 三浦皇成 差し 全芝2331
ゴータイミング 牡3 53 武  豊 差し 末切れる
サヴォワールエメ 牝3 51 内田博幸 先行 軽量利し
ダディーズマインド 牡3 51 宮崎北斗 先行 同型多数
× ディキシーナイト 牡3 56 石橋 脩 差し 中核成す
ヒシイグアス 牡3 54 Mデムーロ 先行 勝機到来
× × ヒルノダカール 牡3 53 丸山元気 先行 前走不利
ブレイキングドーン 牡3 55 田辺裕信 追込 実績上位
ブレイブメジャー 牡3 54 戸崎圭太 自在 頭角現す
ポルーニン 牡3 53 武藤 雅 追込 勢いある
マイネルサーパス 牡3 54 柴田大知 追込 福島巧者
ランスオブプラーナ 牡3 57 松山弘平 先行 敵は斤量
レッドアネモス 牡3 54 北村友一 先行 主力一角

全芝3211ランスオブプラーナ。毎日杯の覇者できさらぎ賞3着の実績はメンバー最右翼。初距離と展開が厳しかった皐月賞を度外視すればほぼパーフェクト。ハンデ57は不利だが開幕週の馬場利し先行押し切り十二分。全芝2101ヒシイグアス。ラストドラフトのアタマ差2着の新馬に素質の片鱗、その後の中山二千連勝に能力重賞級を確信。期待されたスプリングSは5着も勝ち馬とは僅か0.2差、のちのダービー馬ロジャーバローズに先着している。同レース3着ディキシーナイトより2キロ軽い54キロは断然有利。全芝2100ブレイブメジャー。父ダイワメジャー、母シーイズトウショウ、母父サクラバクシンオー。その血統通りのスピード馬で平坦小回りベスト。初の強敵相手、同型馬も多く展開は楽ではないが未知の魅力で一発。以下白百合S快勝レッドアネモス、同レースG前不利ヒルノダカール、同0.3差・51キロ有利なサヴォワールエメ。