理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2020年11月1日(日)4東8 東京11R
第162回天皇賞(GI)
3歳以上 芝2000m 定量
【女帝激突・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アーモンドアイ 牝5 56 ルメール 差し 女帝登壇
ウインブライト 牡6 58 松岡正海 差し 髀肉の嘆
カデナ 牡6 58 三浦皇成 追込 苦戦覚悟
キセキ 牡6 58 武  豊 自在 己との闘い
クロノジェネシス 牝4 56 北村友一 先行 新女帝名告
× ジナンボー 牡5 58 Mデムーロ 先行 旗幟鮮明
スカーレットカラー 牝5 56 岩田康誠 追込 蟷螂之斧
ダイワキャグニー セ6 58 内田博幸 先行 百戦錬磨
ダノンキングリー 牡4 58 戸崎圭太 先行 皇位簒奪
× ダノンプレミアム 牡5 58 川田将雅 先行 輝き再び
フィエールマン 牡5 58 福永祐一 差し 春秋連覇
× ブラストワンピース 牡5 58 池添謙一 差し 問鼎軽重

全芝9211・希代名牝アーモンドアイ。言わずと知れた2018牝馬三冠馬。大きく崩れたのは昨年の有馬のみでレコード圧勝ジャパンCをはじめとする国内外のGI7勝の実績は紛れもなく現役最強。ネックは時折みせる出遅れ癖で全敗戦4回のうち3回がスタートミス。今回もゲートが鍵となるが府中二千ならたとえ出遅れてもさほど足枷にはなるまい。安田記念以来5か月ぶりも過去3か月以上の休み明け6戦6勝と寧ろプラス。鞍上ルメールも乗れており中心は不動だ。相手は宝塚記念圧勝クロノジェネシス、大阪杯0.1差3着ダノンキングリー、二千2110キセキ、春秋連覇狙うフィエールマン。



2020年10月31日(土)4京7 京都11R
第63回スワンS(GII)
3歳以上 芝1400m 別定
【上位拮抗・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アドマイヤマーズ 牡4 58 川田将雅 先行 千四起爆
アルーシャ 牝5 54 武  豊 追込 千四4002
カツジ 牡5 56 岩田康誠 追込 入着一杯
カテドラル 牡4 56 福永祐一 追込 復活遂げ
キングハート 牡7 56 小崎綾也 追込 凡走続き
サウンドキアラ 牝5 54 松山弘平 先行 京芝6101
シヴァージ 牡5 56 藤岡佑介 追込 末脚確実
ステルヴィオ 牡5 57 池添謙一 差し 鉄砲2211
スマートオーディン 牡7 56 秋山真一郎 追込 掲示板迄
タイムトリップ 牡6 56 柴山雄一 追込 大敗続き
プロディガルサン 牡7 56 (未定) 差し 京芝0004
× × ベステンダンク 牡8 56 北村友一 自在 一発秘め
× ボンセルヴィーソ 牡6 56 木幡巧也 先行 残り目注
メイショウオーパス 牡5 56 幸 英明 追込 一考余地
レインボーフラッグ 牡7 56 (未定) 追込 一概には
ロケット 牝5 54 酒井 学 先行 流込狙う

京芝6101サウンドキアラ。デビューから一貫して千四〜マイルを使われ7443の堅実駆け。とりわけ当舞台2000含む京都で6勝と無類の強さを発揮。重賞3連勝の余勢を駆って挑んだ前走ヴィクトリアマイルで見せ場十分の2着。アーモンドアイには手もなく捻られたがノームコア、ダノンファンタジー、ラヴズオンリーユーらGI馬をきっちり完封した。7着だった4歳時を思えば格段に力を付けており鞍上松山との相性も4100と抜群。今回骨っぽい男馬相手のGIIだが勝ち負けは確実とみる。強敵は国内外GI3勝の実績最右翼アドマイヤマーズ。久々の前走安田記念でアーモンドアイと0.3差、初の千四が起爆剤となるか。以下鉄砲2211ステルヴィオ、復活遂げたカテドラル、千四4002アルーシャ、残目警戒ボンセルヴィーソ。



2020年10月31日(土)4東7 東京11R
第9回アルテミスS(GIII)
2歳牝 芝1600m 馬齢
【惑星注意・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
ヴァーチャリティ 牝2 54 横山典弘 差し 前走圧巻
ウインアグライア 牝2 54 横山武史 先行 底見せぬ
オレンジフィズ 牝2 54 北村宏司 先行 新馬完勝
ククナ 牝2 54 ルメール 捲り 府中合う
クールキャット 牝2 54 津村明秀 差し 大穴なら
シャドウファックス 牝2 54 大野拓弥 差し 好センス
× ストゥーティ 牝2 54 三浦皇成 差し 複穴候補
スライリー 牝2 54 石川裕紀人 差し 大敗後で
ソダシ 牝2 54 吉田隼人 先行 高完成度
タウゼントシェーン 牝2 54 戸崎圭太 差し 見直し要
テンハッピーローズ 牝2 54 田辺裕信 差し 人気一角
ニシノリース 牝2 54 内田博幸 先行 何処まで
ハイプリーステス 牝2 54 (未定) 先行 相手強い
ペイシャフェスタ 牝2 54 武士沢友治 差し 前走案外
ミルウ 牝2 54 岩田望来 差し 距離課題
モリノカンナチャン 牝2 54 横山和生 先行 侮れない
× × ユーバーレーベン 牝2 54 柴田大知 捲り 対抗有力
ルクシオン 牝2 54 (未定) 差し 掲示板迄

全芝2000ソダシ。2番手追走からあっさり抜けた新馬も強かったが好位の外追走の横綱相撲でレコード勝ちを決めた札幌2歳Sが圧巻の一語。4角ユーバーレーベンの捲りに全く動じず所謂着差以上の強さ。クビ差ではあったが前進気勢溢れた走りで抜かれる心配は殆どなかった。母系がシラユキヒメ-ブチコと連なる白毛の系譜。母は重賞3勝ユキチャンの妹で先週ブラジルCを制したハヤヤッコの従兄妹。基本ダート血統で軽い芝でどうかの不安は拭えぬところだがこの馬の規格外の強さに期待したい。打倒ソダシの急先鋒はユーバーレーベン。その前走でクビ差に肉薄した脚は父ゴールドシップ譲りの迫力で3か月ぶり+20キロを思えば逆転の余地十分。以下2戦2勝底見せぬウインアグライア、府中替わり好材ククナ、戸崎が手綱離さぬタウゼントシェーン。