理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解公開
レース前日:枠順・状態他最新情報更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解公開!




2017年4月30日(日)3京4 京都11R
第155回天皇賞(GI)
4歳以上 芝3200m 定量
【有馬再演・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
× 1 1 シャケトラ 牡4 58 田辺裕信 差し 皇位簒奪
1 2 ラブラドライト セ8 58 酒井 学 先行 善戦まで
2 3 キタサンブラック 牡5 58 武  豊 先行 安定随一
2 4 スピリッツミノル 牡5 58 幸 英明 差し 何処まで
3 5 ファタモルガーナ セ9 58 浜中 俊 差し 入着一杯
× 3 6 シュヴァルグラン 牡5 58 福永祐一 追込 捲り炸裂
4 7 アルバート 牡6 58 川田将雅 追込 末脚互角
4 8 タマモベストプレイ 牡7 58 吉田隼人 先行 相手強い
5 9 ディーマジェスティ 牡4 58 蛯名正義 追込 距離懸念
5 10 アドマイヤデウス 牡6 58 岩田康誠 先行 復活狼煙
6 11 プロレタリアト 牝6 56 杉原誠人 追込 狙えない
6 12 ゴールドアクター 牡6 58 横山典弘 先行 復権期す
7 13 トーセンバジル 牡5 58 四位洋文 差し 前走健闘
7 14 ワンアンドオンリー 牡6 58 和田竜二 追込 凡走続き
8 15 サトノダイヤモンド 牡4 58 ルメール 差し 現役最強
× 8 16 レインボーライン 牡4 58 Mデムーロ 追込 深淵臥龍
8 17 ヤマカツライデン 牡5 58 松山弘平 先行 一発目論

偉大な父も成しえなかった菊花賞-有馬連覇を果たした3歳時のサトノダイヤモンド。明け4歳の始動戦阪神大賞典をレコードに0.1差の好時計で楽勝、「去年の秋から馬が大人になり本当に強くなった。次も楽しみ」(ルメール)。いよいよ完成の域に入ったか。強敵はやはりキタサンブラック。大阪杯はさすが年度代表馬たる貫録勝ちで持ち前の強靭な先行力は当代随一。有馬の2キロ差が同斤となる今回逆転の目は十分。「両雄並び立たず」の格言もあるがまともなら2頭の一騎打ち。割って入れば芝右4100シャケトラ、昨年3着シュヴァルグラン、復権期すゴールドアクター、菊2着レインボーライン。穴は単騎逃げヤマカツライデン、復活遂げたアドマイヤデウス、末脚互角アルバート。



2017年4月29日(土)2東3 東京11R
第24回青葉賞(GII)
3歳 芝2400m 馬齢
【新星現る・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アドマイヤウイナー 牡3 56 秋山真一郎 差し 一考余地
アドミラブル 牡3 56 Mデムーロ 自在 モノが違う
イブキ 牡3 56 田辺裕信 先行 流込狙う
キングズラッシュ 牡3 56 柴田善臣 追込 伏兵の域
サーレンブラント 牡3 56 柴山雄一 追込 掲示板迄
ショワドゥロワ 牡3 56 田中勝春 差し 連闘警戒
スズカロング 牡3 56 (未定) 差し 全芝0104
ダイシンクイント 牡3 56 川又賢治 追込 能力見劣
タガノアシュラ 牡3 56 北村宏司 先行 旗幟鮮明
ダノンキングダム 牡3 56 内田博幸 先行 侮れない
トリコロールブルー 牡3 56 戸崎圭太 差し 二千2100
ベストアプローチ 牡3 56 岩田康誠 差し 一角崩し
ポポカテペトル 牡3 56 ルメール 先行 主力形成
× × × マイネルスフェーン 牡3 56 柴田大知 差し 堅実無比

能力GI級アドミラブル。同日の古馬OP大阪城Sの勝ち時計を1.3秒凌いだ未勝利戦、上がり33.5でアドマイヤロブソンを3馬身降したアザレア賞。この2戦の勝ちっぷりが破格の一語。直線向いてのフットワークが他馬とはまるで違っていた。「速い流れでもスローになっても同じように速い脚を使える。こんな馬はそういない」(音無師)。ここも圧勝で勇躍ダービー最有力馬に名告。対抗有力はポポカテペトル。京成杯10着は直線痛恨の不利、距離二四で完勝の前走が本来の姿。鞍上ルメールで上位確実。以下弥生賞0.3差ベストアプローチ、二千2100トリコロールブルー、先行しぶといイブキ、旗幟鮮明タガノアシュラ。