理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解公開
レース前日:枠順・状態他最新情報更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解公開!




2018年1月21日(日)1中7 中山11R
第59回アメリカJCC(GII)
4歳以上 芝2200m 別定
【主力伯仲・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
ゴールドアクター 牡7 57 武  豊 差し 二二2200
シホウ 牡7 56 吉田隼人 差し 力量見劣
× ショウナンバッハ 牡7 56 戸崎圭太 追込 1昨年3着
ダンビュライト 牡4 55 Mデムーロ 先行 好戦十分
ディサイファ 牡9 56 蛯名正義 差し 1昨年覇者
× × トミケンスラーヴァ 牡8 56 江田照男 先行 侮れない
トーセンビクトリー 牝6 54 田辺裕信 差し 中三0024
マイネルディーン 牡9 56 三浦皇成 差し 苦戦覚悟
マイネルミラノ 牡8 56 柴田大知 先行 当地0003
ミッキースワロー 牡4 56 横山典弘 差し 当地2000
レジェンドセラー 牡4 55 ルメール 差し 上昇魅力

実績断然ゴールドアクター。言わずもがな2015有馬記念覇者で翌年も0.1差3着、当舞台2100含む距離二二2200のパーフェクト。宝塚以来7ヶ月ぶりも過去休み明け5勝の無類の鉄砲巧者、明けて7歳となりピークは過ぎた感は否めぬがこの相手関係なら好戦確実。負かせば今年の飛躍期す明け4歳勢。当舞台2000ミッキースワロー筆頭に菊でこれに先着しているダンビュライト、一戦毎に馬体を増やしながら連勝中のレジェンドセラー、戸崎腕撫ショウナンバッハ、無欲先行トミケンスラーヴァ。



2018年1月21日(日)1名4 中京11R
第35回東海S(GII)
4歳以上 ダ1800m 別定
【相手探し・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
× アスカノロマン 牡7 56 太宰啓介 先行 1昨年覇者
× × オールマンリバー 牡6 56 藤岡康太 差し ダ左4140
クインズサターン 牡5 56 池添謙一 追込 連穴候補
コスモカナディアン 牡5 56 丹内祐次 差し 一変注意
ゴールデンバローズ 牡6 56 松山弘平 差し 取捨微妙
サルサディオーネ 牝4 53 丸山元気 先行 近況一息
サングラス 牡7 56 酒井 学 差し 狙えない
サンマルデューク 牡9 56 岡田祥嗣 追込 まず無理
シャイニービーム 牡6 56 中谷雄太 先行 掲示板迄
ショウナンアポロン 牡8 56 丸田恭介 差し 名ダ0003
タガノエスプレッソ 牡6 56 北村友一 追込 届くのか
ディアデルレイ 牡7 56 勝浦正樹 先行 勢い随一
テイエムジンソク 牡6 56 古川吉洋 先行 首位不動
ドラゴンバローズ 牡6 56 和田竜二 自在 条件好転
モルトベーネ 牡6 56 秋山真一郎 先行 昨年2着
ローズプリンスダム 牡4 55 木幡巧也 差し 入着一杯

衆目一致の◎はテイエムジンソク。昨春怒涛の3連勝はさながら無人の野を行くが如し。エルムSでまさかの2着もレコードの0.1差、続くみやこS圧勝、そして前走勝利目前にして涙をのんだチャンピオンズCも負けて猶強し。その好位差しの安定感溢れるレースぶりは当代随一、もはや押しも押されもせぬダート界の第一人者だ。圧倒的人気は見えているが逆らう手は無謀だろう。相手は昨秋2連勝の内容圧巻ディアデルレイ筆頭に条件好転ドラゴンバローズ、昨年2着モルトベーネ、ダ左4140オールマンリバー、一昨年覇者アスカノロマン。