理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2021年9月20日(月)4中5 中山11R
第75回セントライト記念(GII)
3歳 芝2200m 馬齢
【上位拮抗・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アサマノイタズラ 牡3 56 田辺裕信 差し 善戦まで
× ヴィクティファルス 牡3 56 池添謙一 差し 見限早計
オーソクレース 牡3 56 ルメール 自在 不屈精神
カレンルシェルブル 牡3 56 横山和生 差し 大穴なら
グラティアス 牡3 56 松山弘平 先行 台頭十分
ソーヴァリアント 牡3 56 戸崎圭太 先行 勇猛果敢
タイトルホルダー 牡3 56 横山武史 先行 当然主力
× タイムトゥヘヴン 牡3 56 柴田善臣 差し 3着までか
ノースブリッジ 牡3 56 岩田康誠 先行 ハナ警戒
ベルウッドエオ 牡3 56 吉田 豊 追込 芝右0004
× ルペルカーリア 牡3 56 福永祐一 自在 超良血馬
レインフロムヘヴン 牡3 56 石橋 脩 追込 状態懸念
レッドヴェロシティ 牡3 56 Mデムーロ 自在 軽視禁物
ワールドリバイバル 牡3 56 津村明秀 先行 脚質に幅

能力◎はタイトルホルダー。新馬勝ち直後の東スポ杯2着で頭角を現し、その後弥生賞を逃げ切り皐月賞2着。ここまで重賞5戦=5.7.4.8.8人気で2.4.1.2.6着と常に着順が人気を上回っている。2101と得意の中山で鞍上弥生賞時の横山武、まず崩れまい。新馬-京成杯連勝グラティアス。皐月賞はスタートと直線で不利を被りながらタイトルホルダーと0.2差でダービーも同タイム。十分逆転可能な対抗馬だ。纏めて負かせばオーソクレース。これも新馬-アイビーS連勝の逸材で3戦目のホープフルS2着。骨折でクラシックを棒に振ったが資質は優にGI級。現にホープフルSでタイトルホルダーを完封しており元値の高さは前記2頭を遥かに凌ぐ。以下今夏最大の上がり馬ソーヴァリアント、単騎逃げ叶えばノースブリッジ、福永属懇の超良血ルペルカーリア。



2021年9月19日(日)5名4 中京11R
第39回ローズS(GII)
3歳牝 芝2000m 馬齢
【混戦模様・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 イリマ 牝3 54 幸 英明 差し 勢い随一
1 2 エンスージアズム 牝3 54 岩田望来 差し 大敗後で
2 3 アイコンテーラー 牝3 54 亀田温心 差し 相手強い
× 2 4 スパークル 牝3 54 藤岡佑介 差し 芝左2110
3 5 クールキャット 牝3 54 ルメール 自在 鞍上2000
3 6 メイショウオニユリ 牝3 54 池添謙一 差し 名芝0003
4 7 ストゥーティ 牝3 54 吉田隼人 先行 差はない
4 8 オータムヒロイン 牝3 54 古川吉洋 追込 意欲参戦
5 9 タガノパッション 牝3 54 岩田康誠 自在 末脚GI級
5 10 エイシンヒテン 牝3 54 松若風馬 先行 ハナ警戒
6 11 プリュムドール 牝3 54 武  豊 差し 相手なり
6 12 アンドヴァラナウト 牝3 54 福永祐一 先行 全芝2300
7 13 コーディアル 牝3 54 鮫島克駿 差し 全芝2210
7 14 アールドヴィーヴル 牝3 54 松山弘平 差し 実績上位
× 7 15 オパールムーン 牝3 54 横山典弘 追込 距離克服
× 8 16 タガノディアーナ 牝3 54 和田竜二 差し 3着までか
8 17 オヌール 牝3 54 川田将雅 差し 前走離れ
8 18 レアシャンパーニュ 牝3 54 浜中 俊 追込 末脚見処

オークス0.3差4着タガノパッション。その前走スイートピーSが余力十分の勝ち方とはいえ中2週で再輸送、キャリア3戦を思えば立派の一語。先行した未勝利が辛勝でそれ以外の3戦がすべて最速上がりで勝ち負け。溜める競馬が合っているのだろう。直線の長い中京で重賞初制覇を狙う。桜樫ともに5着健闘アールドヴィーヴル。上位馬とは水を開けられてのぎりぎり掲示板だがタガノパッションとは樫でアタマ差同タイム。420キロそこそこの華奢な馬ながら新馬とクイーンCで見せた末脚は優にGIレベル。ひと夏越して馬体の成長があれば逆転も。ルメール騎乗時2000クールキャット。その2勝はのちのGI2着馬ソングラインを一蹴した新馬と今回同様左回り二千のフローラS。先週のエクランドールのように過剰人気することもあるルメールだがこの馬の過去6戦を振り返ると他騎手との力量差は歴然としている。