理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2019年12月8日(日)5阪4 阪神11R
第71回阪神ジュベナイルF(GI)
2歳牝 芝1600m 馬齢
【一騎打ち・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
ウーマンズハート 牝2 54 ビュイック 差し 末脚GI級
エレナアヴァンティ 牝2 54 岩田康誠 先行 大敗後で
オータムレッド 牝2 54 松山弘平 差し 善戦まで
カワキタアジン 牝2 54 鮫島克駿 追込 狙えない
× クラヴァシュドール 牝2 54 藤岡佑介 差し 一角崩し
× × クリスティ 牝2 54 福永祐一 差し 堅実駆け
ジェラペッシュ 牝2 54 幸 英明 差し 一考余地
スウィートメリナ 牝2 54 和田竜二 差し 何処まで
ヒメサマ 牝2 54 川須栄彦 差し まず無理
ボンボヤージ 牝2 54 岩田望来 追込 苦戦覚悟
マルターズディオサ 牝2 54 田辺裕信 自在 相手なり
ヤマカツマーメイド 牝2 54 武  豊 差し 複穴候補
リアアメリア 牝2 54 川田将雅 差し 大器登壇
ルーチェデラヴィタ 牝2 54 池添謙一 差し 見直し要
レシステンシア 牝2 54 北村友一 先行 距離克服
ロータスランド 牝2 54 藤岡康太 先行 一発秘め

大器登壇リアアメリア。衝撃のデビュー戦は川田が意識的に出遅れさせ終始持ったまま調教かと見紛うレースぶりで8馬身差の圧勝劇。2戦目アルテミスSは5か月ぶり+20キロ。出遅れものかは上がり最速33.0の豪脚繰り出し余力十分に差し切った。スケールの大きな走りは大物感たっぷり。ここも器の違いを見せつけ圧勝するか。末脚GI級ウーマンズハート。新馬勝ちの衝撃度という点ではこの馬も負けていない。マルターズディオサを子供扱いに降した上がりは脅威の32.0。次走新潟2歳Sでは1.2秒時計を詰めて上がり32.8。その瞠目の決め手は紛れもなくGIレベル。まともなら2頭のマッチレース。何れを◎にとるかが最大の焦点。



2019年12月8日(日)5中4 中山11R
第12回カペラS(GIII)
3歳以上 ダ1200m 別定
【好配確実・ハイペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
オウケンビリーヴ 牝6 54 横山典弘 差し 久々何の
オールドベイリー セ5 56 武藤 雅 差し 中ダ0003
× コパノキッキング セ4 58 藤田奈七子 先行 敵は斤量
ゴールドクイーン 牝4 55 古川吉洋 先行 速度随一
シャインヴィットゥ 牡5 56 田中勝春 先行 凡走続き
× × シュウジ 牡6 57 三浦皇成 先行 良馬場望
タテヤマ 牡5 56 大野拓弥 差し 当地0003
ダノングッド 牡7 56 矢野貴之 追込 大望は酷
テーオージーニアス 牡4 56 丸山元気 差し 中一2020
ドリュウ 牡4 56 Mデムーロ 追込 鞍上腕撫
ニットウスバル 牡7 56 内田博幸 追込 ピーク過
ハニージェイド 牝5 54 柴山雄一 追込 前走度肝
ハングリーベン 牡5 56 野中悠太郎 差し 中一3010
ヒザクリゲ 牝4 54 石橋 脩 差し 前走離れ
ビップライブリー 牡6 56 北村宏司 差し 中一0004
ヒロシゲゴールド 牡4 56 津村明秀 先行 前走不利
レッドアネラ 牝4 54 (未定) 先行 勢い脅威

昨年覇者コパノキッキング。ほぼ逃げ切り態勢にあったサイタスリーレッドをG寸前測ったように差し切った昨年の当レース。馬単1万2060円、3連単8万9030円の高配当をプレゼントしてくれた馬だが斤量が55→58となる点がどうか。速度随一ゴールドクイーン。全成績6216とムラな印象があるがすんなりハナなら5201と無類の粘りを発揮する。展開と斤量面でコパノキッキング逆転のシーン十二分。割って入ればヒロシゲゴールド。ゲートでトモを落とし出遅れた前走度外視、東京スプリントで逃げてコパノキッキングとクビ差。これも当時同斤→相手が2キロ増となる今回逆転十分。以下中1週使い2020テーオージーニアス、Mデムーロ腕撫ドリュウ、当地2101レッドアネラ。



2019年12月7日(土)4名3 中京11R
第55回中日新聞杯(GIII)
3歳以上 芝2000m ハンデ
【伏兵数多・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アイスストーム 牡4 54 吉田隼人 追込 叩き上昇
× × アイスバブル 牡4 55 スミヨン 差し 当地1100
アドマイヤジャスタ 牡3 54 岩田康誠 追込 見限早計
× カヴァル 牡4 54 丸山元気 追込 前走離れ
サトノガーネット 牝4 53 坂井瑠星 追込 前崩台頭
サトノソルタス 牡4 54 (未定) 差し 漸く覚醒
ジェシー 牡4 54 横山武史 差し ハ戦0003
ショウナンバッハ 牡8 54 吉田 豊 追込 古豪健在
タニノフランケル 牡4 55 松若風馬 先行 押し切る
パリンジェネシス 牡5 54 鮫島克駿 先行 徐々良化
マイネルサーパス 牡3 55 丹内祐次 差し 人気一角
ミスマンマミーア 牝4 50 藤田奈七子 追込 軽量魅力
メイショウエイコウ 牡5 53 蛯名正義 追込 ローテ酷
ラストドラフト 牡3 55 マーフィー 自在 素質非凡
ランドネ 牝4 52 藤岡康太 先行 残り目注
ロードヴァンドール 牡6 55 太宰啓介 先行 1昨年3着

漸く覚醒サトノソルタス。新馬勝ち1戦のキャリアで共同通信杯0.1差2着の好素質馬。その後3戦鳴かず飛ばずも前走ノベンバーS勝ちが復活示す好内容。叩かれての上積みも見込め連勝十分。資質非凡ラストドラフト。これも新馬-京成杯連勝の逸材で母は桜花賞馬マルセリーナ。潜在能力の高さではサトノソルタスを凌ぐ。纏めて負かせばタニノフランケル。父フランケル×母ウオッカ。年始の中山金杯0.1差3着→小倉大賞典クビ差2着。この時季走ってきそうで血統的にもそろそろ大駆けがあるか。伏兵数多。叩き上昇アイスストーム、当地1100アイスバブル、残目警戒ランドネ、1昨年3着ロードヴァンドール、見限早計アドマイヤジャスタ、前走離れカヴァル。