理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2019年4月21日(日)2東2 東京11R
第54回フローラS(GII)
3歳牝 芝2000m 馬齢
【混戦模様・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 ローズテソーロ 牝3 54 黛 弘人 追込 相手強い
1 2 シャドウディーヴァ 牝3 54 岩田康誠 差し 当地1210
× 2 3 エトワール 牝3 54 内田博幸 差し 差はない
2 4 ウィクトーリア 牝3 54 戸崎圭太 先行 再度圧逃
3 5 ペレ 牝3 54 大野拓弥 差し 延長好材
3 6 ウインゼノビア 牝3 54 松岡正海 差し 大敗後で
4 7 アモレッタ 牝3 54 三浦皇成 差し 試金石だ
4 8 パッシングスルー 牝3 54 石橋 脩 先行 台頭十分
5 9 ジョディー 牝3 54 武藤 雅 先行 恵まれて
5 10 セラピア 牝3 54 藤岡康太 先行 初戦圧巻
6 11 ネリッサ 牝3 54 石川裕紀人 追込 何処まで
6 12 エアジーン 牝3 54 Mデムーロ 先行 鞍上奮起
× 7 13 フォークテイル 牝3 54 田辺裕信 差し 良血注意
7 14 イノセントミューズ 牝3 54 蛯名正義 差し 善戦まで
7 15 ヴィエナブロー 牝3 54 藤田奈七子 差し 能力見劣
× 8 16 クラサーヴィツァ 牝3 54 秋山真一郎 差し 侮れない
8 17 レオンドーロ 牝3 54 柴田大知 差し 使い詰め
× 8 18 フェアリーポルカ 牝3 54 和田竜二 差し 大外何の

全芝2002ウィクトーリア。函館の新馬を圧倒的な強さでレコード勝ち。鮮烈デビューを果たしたが以降2戦ゲートが悪く5.7着凡走。前走中山でスタートを決めるとデビュー戦同様に鮮やかな逃げ切り勝ち。鞍上にも問題があるかもしれぬがハナ切ってこその馬であることは確か。陣営も早々と逃げ宣言をしている。血統、走りっぷりから1F延長は間違いなくプラス、先行有利な開幕週の馬場を味方に戸崎がきっちり重賞制覇を決めてくれよう。相手はミモザ賞が強かったエアジーン、同レースクビ差2着エトワール、君子蘭賞好時計勝ちフェアリーポルカ、エタリオウ妹ペレ、シンザン記念4着パッシングスルー、既走馬相手の前走圧巻セラピア。



2019年4月21日(日)3京2 京都11R
第50回マイラーズC(GII)
4歳以上 芝1600m 別定
【王者登壇・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 ストーミーシー 牡6 56 北村友一 追込 掲示板迄
2 2 パクスアメリカーナ 牡4 56 藤岡佑介 先行 芝右4110
3 3 インディチャンプ 牡4 56 福永祐一 差し 完全軌道
4 4 モズアスコット 牡5 58 ルメール 追込 格最右翼
5 5 コウエイタケル 牡8 56 小牧 太 追込 まず無理
6 6 ダノンプレミアム 牡4 57 川田将雅 先行 首位不動
7 7 トーアライジン 牡6 56 松山弘平 追込 連闘でも
7 8 グァンチャーレ 牡7 56 池添謙一 先行 当地3202
× × × × 8 9 ケイアイノーテック 牡4 58 シュタルケ 追込 見直し要
8 10 メイショウオワラ 牝5 54 武  豊 追込 重賞0004

全芝5001ダノンプレミアム。唯一敗戦はぶっつけで臨んだダービー0.2差6着。一頓挫の影響というよりやはり敗因は距離。GI馬5頭が顔を揃えた9か月半ぶりの前走金鯱賞を大楽勝。怪物級の強さを改めて見せつけた。マイル〜二千では紛れもなく現役No.1、単勝1.5倍前後の衆目一致の◎に推されようがこの少頭数でこの相手、逆らう手は無謀の極み。相手を如何に絞るか。マイル4101含む全芝5111・目下破竹の3連勝インディチャンプ。近2戦は4角の大不利と大幅馬体減の香港で度外視、安田記念制覇の格最右翼モズアスコット。芝右4110含む当舞台3010・マイル連勝中のパクスアメリカーナ。穴は2週連続破格の好時計&動きグァンチャーレ。



2019年4月20日(土)1福5 福島11R
第16回福島牝馬S(GIII)
4歳以上牝 芝1800m 別定
【紐穴注意・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
× × 1 1 ビスカリア 牝7 54 西村淳也 差し デキは良
2 2 カレンシリエージョ 牝4 54 秋山真一郎 差し 差はない
3 3 ランドネ 牝4 54 戸崎圭太 先行 前走不利
4 4 カワキタエンカ 牝5 54 鮫島克駿 先行 千八3302
5 5 デンコウアンジュ 牝6 54 柴田善臣 追込 力量上位
6 6 フローレスマジック 牝5 54 石橋 脩 差し ゲート鍵
7 7 ペルソナリテ 牝6 54 丹内祐次 差し 穴はこれ
× 7 8 ウインファビラス 牝6 54 松岡正海 先行 残り目注
8 9 ミッシングリンク 牝5 54 丸山元気 先行 久々の芝
× 8 10 ダノングレース 牝4 54 蛯名正義 差し 勢い随一

千八2101ランドネ。唯一連逸が前走中山牝馬S13着だが直線向いての不利がすべて。道中2番手のインでスムーズにレースを運んでいたが直線内埒沿いに進路をとったことが裏目。逃げていたカワキタエンカがさらに内に寄ってきて完全にスペースがなくなり大ブレーキ。まったくの参考外でここは仕切り直しの一戦。走り切っていない分疲れもない。鞍上戸崎も同じ轍は踏まぬはず。同レースで先着許したデンコウアンジュ、フローレスマジック、ウインファビラス、カワキタエンカを纏めて逆転するシーン十二分。別路線では目下2連勝中の上がり馬ダノングレース。穴は千八3113カレンシリエージョ、久々に芝を使ってきたミッシングリンク。