理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2021年4月11日(日)2阪6 阪神11R
第81回桜花賞(GI)
3歳牝 芝1600m 定量
【百花繚乱・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
× 1 1 ストライプ 牝3 55 田辺裕信 先行 侮れない
× 1 2 ファインルージュ 牝3 55 福永祐一 差し 上昇顕著
2 3 ブルーバード 牝3 55 柴田大知 差し 狙えない
2 4 ソダシ 牝3 55 吉田隼人 先行 神速一閃
3 5 アカイトリノムスメ 牝3 55 横山武史 差し 脚質に幅
3 6 ストゥーティ 牝3 55 岩田康誠 先行 残り目注
4 7 ククナ 牝3 55 藤岡佑介 差し あと一歩
× × 4 8 メイケイエール 牝3 55 横山典弘 自在 悍馬能あり
5 9 エンスージアズム 牝3 55 岩田望来 差し 掲示板迄
5 10 アールドヴィーヴル 牝3 55 Mデムーロ 追込 末脚確実
6 11 ジネストラ 牝3 55 北村宏司 先行 良血注意
6 12 ヨカヨカ 牝3 55 幸 英明 先行 距離課題
7 13 エリザベスタワー 牝3 55 川田将雅 差し 鞍上無双
7 14 ミニーアイル 牝3 55 藤岡康太 追込 ゲート難
7 15 シゲルピンクルビー 牝3 55 和田竜二 差し 延長課題
8 16 ソングライン 牝3 55 池添謙一 自在 新星現る
8 17 ホウオウイクセル 牝3 55 丸田恭介 差し 常に健闘
8 18 サトノレイナス 牝3 55 ルメール 差し 戴冠十分

白毛の2歳女王ソダシ。強靭な先行力を武器に重賞3勝含む4戦全勝。ゴール前一旦交わされながら差し返した阪神JFに類稀なる勝負根性を見た。他馬とは一線も二線も画すその純白の馬体は神々しさすら感じる。ここも神速一閃、輝く白馬が先頭を駆け抜けるか。強敵はサトノレイナス。例によってルメールは本命馬の後をぴったりマーク、目算通り綺麗に抜け出したように見えた阪神JFのゴール前。勝負の綾でハナ差屈すも文字どおり勝ちに等しい2着。ゴール過ぎて突き抜けており2頭の勝負付けは全く済んでいない。新星台頭ならソングライン。とにかく未勝利-紅梅Sの勝ちっぷりが圧巻の一語。頭の高い走法だがラスト1Fの伸びが衝撃的で彼のデアリングタクトのエルフィンSを彷彿。未勝利の勝ち時計1.34.1は同日赤松賞を0.4上回り、紅梅S1.20.6は古馬3勝クラスに匹敵。先週大阪杯で3強に先んじた池添が再度存在感を放つか。



2021年4月10日(土)2阪5 阪神11R
第64回阪神牝馬S(GII)
4歳以上牝 芝1600m 別定
【上位拮抗・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 ドナウデルタ 牝5 54 和田竜二 追込 デキ上々
2 2 ギルデッドミラー 牝4 54 池添謙一 差し 軽視禁物
3 3 ブランノワール 牝5 54 団野大成 差し 前走健闘
× 4 4 マジックキャッスル 牝4 54 大野拓弥 追込 実績随一
5 5 メジェールスー 牝6 54 藤岡康太 差し 千六0004
5 6 メイショウグロッケ 牝7 54 浜中 俊 差し 衰えなし
6 7 イベリス 牝5 54 酒井 学 先行 押切十分
6 8 リアアメリア 牝4 55 福永祐一 先行 叩き良化
7 9 ロフティフレーズ 牝6 54 幸 英明 追込 能力見劣
7 10 デゼル 牝4 54 川田将雅 差し 首位有望
× × 8 11 プールヴィル 牝5 54 三浦皇成 差し 複穴候補
× 8 12 エーポス 牝4 54 岩田康誠 差し 長欠何の

オークス5着、秋華賞2着マジックキャッスル。14.10人気での快走だがファンタジーS、クイーンC小差2着があり能力ははっきり世代上位。二桁人気は多分に騎手の問題だろう。前走愛知杯を戸崎で重賞初制覇、今回1.2人気必至だが大野に手が戻って勝つまではどうか。騎手重視なら目下GI連勝中の川田デゼル。断然人気では取りこぼしも少なくないがシャフリヤール、ダノンスマッシュ、レイパパレなど2〜4人気辺りを鮮やかに勝たせるのが川田。馬の実力以上のものを引き出す術を持っている。エリザベスタワーでGI3連勝は?もGII2人気のここは狙える。新馬で衝撃の8馬身差V→アルテミスS完勝のリアアメリア。その後オークスを追い込んで0.3差4着、ローズSを先行して制した実力は前記2頭に勝るとも劣らない。不良の前走7着は度外視、叩かれ良化歴然の今回勝機十分。



2021年4月10日(土)3中5 中山11R
第39回ニュージーランドT(GII)
3歳 芝1600m 馬齢
【新星台頭・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 トーセンウォーリア 牡3 56 武藤 雅 差し 全芝0004
1 2 シティレインボー 牡3 56 横山典弘 追込 大穴なら
2 3 アヴェラーレ 牝3 54 ルメール 差し 母超えろ
2 4 ワザモノ 牡3 56 黛 弘人 差し 入着一杯
3 5 ヴィジュネル 牡3 56 内田博幸 差し 伏兵の域
3 6 バスラットレオン 牡3 56 藤岡佑介 先行 圧勝まで
× × 4 7 サトノブラーヴ 牡3 56 石橋 脩 追込 レイパパレ弟
4 8 ワーズワース 牡3 56 北村宏司 自在 初芝警戒
× 5 9 ドゥラモンド 牡3 56 横山武史 差し 見直し要
5 10 ゴールドチャリス 牝3 54 田中勝春 差し 距離課題
6 11 ゲンパチミーティア 牡3 56 木幡巧也 先行 芝でこそ
6 12 ロンギングバース 牡3 56 横山和生 差し 力量見劣
7 13 ブルーシンフォニー 牡3 56 丸山元気 差し 善戦まで
7 14 スパークル 牝3 54 岩田望来 差し 全芝2210
8 15 タイムトゥヘヴン 牡3 56 Mデムーロ 先行 短縮好材
× 8 16 シュバルツカイザー 牡3 56 石川裕紀人 先行 当地2000

朝日杯FS4着、シンザン記念3着バスラットレオン。札幌2歳Sでソダシの0.3差3着もあり右回りのやや力の要る馬場が合っている。番手も利くが全2勝が逃げ切りでやはり行き切る形がベスト。前走古川菜で逃げ切ったことで今回マークがきつくなると思えたがメンバーを見る限りめぼしい同型馬は不在、せいぜい京成杯をスローで逃げて2着のタイムトゥヘヴンぐらいでハナはほぼ確定。新馬で圧巻の逃げ切り劇を演じた藤岡佑がここも決めるか。新馬-春菜賞連勝アヴェラーレ。スタート安目の新馬は中団追走から外目一気、好発をガッチリ抑え好位追走の春菜賞は鮮やかにイン抜け出し。ともに16頭の多頭数ものかは上がり33秒台の鋭脚が光った。母はデビュー3連勝でフラワーCを制しNHKマイルC2着のアルビアーノ。1F延長は寧ろ好材だろう。